June 11, 2018

絵画114 「夏櫨(なつはぜ)」と絵画展お知らせ

「夏櫨(なつはぜ)」(水彩F10号 530×455mm)
先の5月4日の投稿では、「鉛筆デッサン」(水彩用下書き)でしたが、それに透明水彩で色付けしてみました。
じっくりとご覧ください。

って、やっぱり写真で撮って縮小表示すると、絵画の微妙な色の再現が出ない!のが辛いですね。ぜひ本物をご覧ください。第6回なかま絵画展に出展予定です。

■鉛筆デッサンと夏櫨の説明は、5月4日の投稿にあります。合わせてご覧ください。
※みてみてコラム、5月4日「絵画113 下書き「夏櫨(なつはぜ)」
http://hello.moe-nifty.com/blog/2018/05/113-d001.html

※Facebook、5月4日「夏櫨(なつはぜ)」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1719539594829029&set=a.136196036496734.27700.100003190151322&type=3&theater

■第6回なかま絵画展
2018.6.27(水)~7.1(日)
AM10:00~PM6:00(最終日はPM4:00まで)
ギャラリー白雲
大阪市北区堂島2-2-23 白雲ビルディング1F
・地下鉄西梅田駅より徒歩5分
・JR北新地駅より徒歩5分
※みてみてコラム、6月11日「第6回なかま絵画展」のお知らせ
http://hello.moe-nifty.com/blog/2018/06/6-e606.html

L0000813


| | Comments (0) | TrackBack (0)

「第6回なかま絵画展」のお知らせ

朝日カルチャー中之島の絵画教室の仲間6人で絵画展を開催します。
油彩・水彩7点出展予定です。
お近くにお越しの節は、ぜひお越しください。

日時 2018年6月27日(水)〜7月1日(日)
  AM10:00~PM6:00(最終日はPM4:00迄)
場所 ギャラリー白雲
大阪市北区堂島2-2-23 白雲ビル1F
地下鉄四つ橋線「西梅田」駅、JR北新地駅より、徒歩約5分
※ギャラリー白雲の案内URL
http://plaza.harmonix.ne.jp/~artnavi/02gal.pak/03gal-tikamiti/03rental-gal/21-hakuun-hp/hakuun1a.html


6


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2018

絵画113 下書き「夏櫨(なつはぜ)」

「夏櫨(なつはぜ)」(鉛筆F10号 530×455mm)
水彩の下書きの鉛筆画。
このまま、葉っぱにコントラストをつけて、机とバックを書き込めば「鉛筆デッサン」で完成!なんですが、最初から水彩を狙って、The Langton(Made in England)の水彩用紙に書いたのでこの後色付けします。水彩画にするには、ちょっと書き込み過ぎですが、鉛筆の筆跡を生かして仕上げるには、これくらい書き込むのもアリかと。
色付けすることで、葉っぱの前後関係をハッキリさせて立体感を出そうと思います。
素材的には、水彩より油絵のネタ。油彩でコッテリ書き足しながら完成させると素敵な絵画になると思いますが、ハマり過ぎるので、今回は水彩で仕上げてみます。

「夏櫨(なつはぜ)」
山地に自生する落葉低木で、初夏にハゼのように美しく紅葉するので「なつはぜ」と呼ばれています。別名「日本のブルーベリー」だそうで初夏に実ができ秋に熟し黒色になると食べられるそうですが、その前に鳥に食べられて実が残りにくい。その夏櫨の紅葉と熟した実を活けたものが、家庭画報2017.11月号に掲載されていて「あっ、これいいね!」と思ったので。

今年の絵画展は、6月27日から7月1日、堂島(西梅田)ギャラリー白雲で。
※ ギャラリー白雲:大阪市北区堂島2-2-23(1F)
M000271


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2018

絵画112 ハワイアンブルー

ハワイシリーズの3作目。と言っても1~2作目は水彩。今度は油彩で種類が違うので3枚組にはしにくい。で、単独で、
「ハワイアンブルー」(油彩P15号 652×500mm)

ハワイ、ダイアモンドヘッドの頂上から見下ろした太平洋と灯台。灯台は「ダイアモンドヘッド灯台」という名前ですが、そのものすぎてタイトルにはしづらいですね。毎回思うのは、絵画を写真にすると微妙な色の変化が飛んでしまって・・・(尤も、使用するディスプレイで色味が大きく変わるので合せ込むのもむつかしい!)

一面に広がるブルーの海。微妙に変化するエメラルドグリーン。ちらっと輝くレッド。波がしらのチタンニウムホワイト。岩礁の波の騒めき・・・微妙なところは、やっぱり本物の油彩で見てほしいですね。今年の絵画展は、6月27日から7月1日、堂島(西梅田)ギャラリー白雲(昨年と同じ会場)で行います。
※「ギャラリー白雲」大阪市北区堂島2-2-23(1F)
L00005122


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 31, 2018

絵画111 Hawaii(水彩2枚組)

1枚目「Waikiki」(水彩F6号、410×318mm)
ご存知の有名過ぎる「ワイキキビーチ!」。隣のカピオラニ公園のモンキーポッドの木陰越しに見ると、観光客で混雑するビーチを遠目に、散歩や読書、昼寝などを楽しむのんびりした雰囲気の海岸が見えてくる。暑い日差しを避けて綺麗な芝生の上で贅沢な景色を眺めてのんびりと・・・極上の休日!
2枚目「KALAPAWI Market」(水彩F6号、410×318mm)
既に1月にアップしましたが、Waikikiと合わせて2枚組で。
Waikikiが都会のリゾートなら、こちらは「天国の海」と言われる田舎のリゾート。小さなお店がオールドタウンの素敵な雰囲気を漂わせています。
どちらも、
アッ、ハワイ!行ってみたいな~のんびりと・・・

※1枚目は、カピオラニ公園側に、これほど人はいませんでした。
※2枚目は、実際はマーケット越しに海は見えませんし手前の標識もありません(実際にある風景を寄せ集めて雰囲気を作ってます)
M000063


M000081


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2018

絵画110 水彩「KALAPAWI Marker」

KALAPAWI Market(水彩F6号、410×318mm)
今年の10月に訪れたハワイ・オアフ島のラニカイビーチ。
ハワイ語で「天国の海」と言われ全米ナンバー1にも選ばれた白砂と翡翠色のグラデーションが美しい海岸です。そこに行く途中で見つけた、KALAPAWI Marketは、1932年創業の青緑色の可愛いオールドマーケット。お店の雰囲気がひときわ輝いていて、“これを描かずに何を描く!”と思ってしまいました。
が、残念ながら、ビーチから1本内側の道沿いで美しいビーチが見えない!
そこで、絵画のいいところ、勝手に創作して、マーケット横からビーチへ続く小路を追加して美しい海のイメージを作ってみました。となると、ビーチ帰りの2人、ヤシの木とプルメリアの木、ビーチの案内標識、往来する自動車、歩道の芝生に赤い日日草などを加えて、楽しそうな田舎街にしてみました。
“私だけの(私だけしか見えない)KALAPAWI Market”
M00015121


| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵画109 水彩「避暑地にて」

絵画教室のモデルさん、大抵、無表情!長時間微笑み続けると顔が引きつるので人形さんのような顔になります。
それでは、面白くないので、
勝手に、視線を正面にして、少しだけ口を開けて微妙に微笑ませて、ついでに目元を、適当に変えて・・・
バックのイメージは、爽やかな軽井沢や北海道や信州でなくって、この夏マラニックで行った「生駒のラッキーガーデンから見た矢田丘陵」ここの眺めは十分避暑地の雰囲気があります。はい!
(水彩F10、530×455mm)
M00036112


| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵画108 油彩「蓮の輝き」

「蓮の輝き」油彩P12号(606×455mm)
早朝の朝焼けの光が、蓮池に差し込むサマを想像してみました。
五重塔の北側の暗い森の蓮池に光が差し込み、浮かび上がる蓮の花。
池の奥には、うっすらと朝もや。
朝焼けの光が、シルエットの五重の塔の屋根や、池の蓮に回り込み、蓮の花の輝きを際立たせています。
というイメージで・・・
元は、東寺の北側の蓮池。実際は、午前10時頃かな?
この時間なら、単なるお寺の庭の蓮池。しかも、まだ花が咲いていない6月末。
絵になりにくいのですが、ふと、蓮の花とシルエットの五重塔、そこに朝焼けの光が降り注ぐイメージが浮かんだので、絵にしてみました。
P0000411


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2017

絵画107 油彩「富士」

Mm0004721
 2017年4月30日の「チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン」は肉離れで応援でしたが、その分綺麗な富士山を堪能できました。
 その翌日、観光で訪れた忍野村の新名庄川の水辺から、桜並木の土手越えに富士山を眺めた風景を絵画にしてみました。油彩F15号(652×530mm)。

 この日、富士山は裾野に雲がかかり頂上しか見えませんでしたが、前日のスカッと綺麗に見えた印象を重ね合わせてみました。
 富士に桜!と、それだけで主役になれる素材ですが、本来なら脇役の“土手と川面”が、意外にも主役以上に主張していて、こっちが主役!?と思えるほどです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2017

絵画106 油彩「瀬戸内にてI・II」

P000471


P000521_4


油彩2枚組「瀬戸内にてI・II」作成しました。
共に油彩P12号(606×455mm)

I は、昨年8月の旅行で行った「友ヶ島灯台」海峡の対岸は淡路島。
瀬戸内海、朝夕は潮の流れが速いのですが、昼間は凪いでいて穏やかで平和な海です。画面の大部分を穏やかな瀬戸内の海だけにして、人工物は唯一手前の小さな灯台だけ。
何もないと、貨物船でも浮かべたくなるのですが、余計な雑念となるので止めておきました。何もない静かな海だから落ち着ける。でもちょっと寂しいから2枚組で。
海峡の真ん中に薄い1本の筋。これを航跡とみるか、潮流とみるかは、お任せします。

II は、2016.9.5にFacebookとみてみてコラムにアップした「瀬戸内にて」に少し加筆しました。
昨年7月の旅行で行った「香川県立東山魁夷せとうち美術館」のラウンジの窓越しに見える静かな海のイメージをバックにして、絵画教室の6月のモデルさんを描いています。

I・II の2枚組で絵画展に展示予定です。

*******
第5回なかま絵画展
4/11(火) 搬入設営
4/12(水)~4/16(日) AM10:00~PM6:00(最終日はPM4:00)
ギャラリー白雲
大阪市北区堂島2-2-23
・地下鉄四つ橋線「西梅田」駅より徒歩5分
・JR東西線「北新地」駅より徒歩5分
もちろん無料です。見に来てくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2017

絵画105 水彩「メリーさんのひつじ♪♪♪ 」

P000671111_2

はじめて動物を描きました!
(小学校の時に犬を描いた記憶はありますが)
ニュージーランドのオマラマ、ホテル「カントリータイムリゾート」の向かいに牧場があり、朝の散歩で柵に近づくと、羊たちが、何者?とばかりに。見慣れない私に警戒しているのか、注視したまま動きません。他の羊たちは、牧場でお食事中。

メリーさんのひつじ・・・♪
と、歌が聞こえてきそうです。
が、メリーさんのひつじの歌詞は、いろいろあるようで、
メリーさんのひつじ・・・可愛いね。とか、嬉しいね。とか、まっしろね。とか。
★真っ白!
実際は、汚れているので、茶系のベージュ+陰影で黒っぽいのですが・・・
★手前の牧場の柵。
これって映像的にダメでしょう、主役の前に邪魔で!
なんですが、牧場の雰囲気が出るので入れてみました。色を薄くして、さりげなく。
★ひつじの周りは牧草。
主役のひつじの毛並みを細かく描いたので、牧草は手前だけにして黄緑色だけにしました。どっちも細かいと息つまりそうなので。バックの木々や屋根や山肌も同じくフワッと。

水彩、F6(409×318mm)なかま絵画展に出展予定です。
写真にすると、やっぱり色目や雰囲気が違うので、本物見に来てくださいね。
*******
第5回なかま絵画展
4/11(火) 搬入設営
4/12(水)~4/16(日) AM10:00~PM6:00(最終日はPM4:00)
ギャラリー白雲
大阪市北区堂島2-2-23
・地下鉄四つ橋線「西梅田」駅より徒歩5分
・JR東西線「北新地」駅より徒歩5分
もちろん無料です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2017

第5回なかま絵画展

絵画展の案内葉書が仕上がりました。

第5回なかま絵画展
(カルチャースクールのなかま6人の油彩・水彩の絵画展)
4/11(火)搬入設営
4/12(水)~4/16(日)AM10:00~PM6:00(最終日はPM4:00)
ギャラリー白雲
大阪市北区堂島2-2-23
・地下鉄四つ橋線「西梅田」駅より徒歩5分
・JR東西線「北新地」駅より徒歩5分
もちろん、無料です。

私は、油彩と水彩6点の予定しています。
大学の新学期スタートダッシュと重なって会場入りできる日時未定ですが、可能な限り会場に入りたいと思います。
みなさま、お時間見つけて、見に来てくださいね。
よろしくお願いします。
Img_20170308_0003

Img_20170308_0002


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2017

絵画104 水彩「善き羊飼いの教会」

「善き羊飼いの教会」(水彩F10号532×460mm)

P000401111

1月に行ったニュージーランド、
サザンアルプスをバックに美しいテカポ湖の岸辺に建つ小さな石造りの教会。質素なだけに周囲の美しい自然にピタッとはまっています。少しピークが過ぎましたが、ルピナスの群生が所々にあり、旅行社の宣伝写真にもよく使われる人気の教会です。

今回は、透明水彩で描いてみました。
バックの山脈の色を抑えて、森の緑と対比させ、湖面を青と緑の絵の具で滲ませて神秘的な雰囲気を狙ってみました。もちろんルピナスも効かせて。

4月の絵画展に出品しますので、ぜひ本物見に来てください。

****************
今年の「なかま絵画展」(絵画教室の6人展)
4月11日(火)搬入設営(夕方だけ)
4月12日(水)~4月16日(日)
 たぶんAM10:00~PM6:00(最終日はPM4:00)かな?
ギャラリー白雲
大阪市北区堂島2-2-23 白雲ビル1F
・地下鉄西梅田駅より徒歩5分
・JR北新地駅より徒歩5分
こちら→
http://plaza.harmonix.ne.jp/~artnavi/02gal.pak/03gal-tikamiti/03rental-gal/21-hakuun-hp/hakuun1a.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2017

「Hello's World」整理のお知らせ

私のホームページ「Hello’s World」
2001年9月29日から、15年少々維持してきました。
お陰様で、とっくに10万アクセスは超えたのですが・・・
一旦クローズして整理したいと思います。
必要な写真をまだダウンロードされてない皆様は、お早めにダウンロードしておいてください。4月以降での整理を予定しています。
Hello’s Word(Ver.4)はこちら→
http://hellos.world.coocan.jp/
なお、個人情報の問題より、4カテゴリーは閲覧登録された人限定公開としています。登録されていない人は、それ以外のカテゴリーのみ閲覧可能ですので、一度ご覧ください。
******〔整理にあたり〕******
●作成当時は、ネット環境がモデムを使ったダイヤルアップ接続(電話のジービーというの)
 ※今の人はADSLや光で、この化石的な遅さは経験が無いでしょうけど。
 ※私がS社に入社した3?年前は、そもそもパソコンが無かった。
●当時、ホームページ作成が流行りで、そこにプロバイダーが提供している「掲示板やカウンター、写真アルバムサービス」などを利用して、それなりの形に仕上げて開設。その後Ver.4まで改訂しました。
●時代が、
・ホームページから、作成やメンテが簡単なブログ。もっと簡単なmixi、Facebook、さらにツイッター、LINEなどのSNSへと変わり、主体もパソコンからスマホへと変化したこと。
・掲示板やカウンター、写真アルバムサービスが次々と廃止され、その都度別のサービスに移植してきましたが、プロバイダーのホームページサービスも怪しくなってきて(niftyさん大丈夫?)移植も厳しくなってきたこと。
・個人情報保護対応より、写真の掲載が難しくなったこと(私のホームページも閲覧登録者のみに限定し一般公開は中止)
などなど、時代に合わなくなってきたこと。メンテが難しくなってきたこと。閲覧登録者限定公開が有料サービスであること。などから、一旦クローズして整理します。
 ※既に、掲示板、カウンター、一部の写真アルバムはサービスが廃止されたため、当ホームページも停止しています。
************
以上、よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2016

古道具

母親が亡くなってからもうすぐ4年。その母親が使っていた裁縫箱。たぶん私の生まれる前から和裁を仕事にしていたので、6~70年は経っているかも?処分しようと市役所の大型ごみに申し込んだけど、ふと閃いた!
→「そうだ、文房具入れにしよう!」

かなり痛んでいて、ガタも来ている、角は擦り減っている、塗装は剥げている・・・のだけど、細かい所が丁寧に仕上げてあり、隠し引き出しなど凝った造りが良い。

最近、夫婦で食事に行った地元で一番美味しい和食のお店で、古道具が渋い味を出していたのを思い出し、この裁縫箱なら“骨董品”で売れそう!それなら、再生して使ってみよう。

ということで、引き出しの剥がれをボンド止め。ガタのある引き出しに添え木のガイドを追加。蝋を塗って滑りを良く。綺麗に拭いて全塗装(得意の油絵具で、茶と黒に)。と手をいれると、味のある立派な古道具の完成。

よく使うものは上に、引き出しには、鉛筆・ボールペン、消しゴム、ハサミ・カッター、ホッチキス、メモ用紙・・・と、小さな引き出しが多い分、スッキリ収納できた。

A00042


A00051

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2016

へちもん酒器セット

冬は日本酒の美味しい季節!
ちょっと洒落た酒器みつけたので買ってしまった、2セット。
どちらも、信楽焼の“へちもん”。
「ふうがわり」という意味の信楽の古い方言だそうで、人の手に頼るところの多い焼き物で、ひとつひとつが個性的で同じものがない。
左は、南蛮刷毛目のセット、右が釉薬の紺碧の味のあるセット。

これに入れると、お酒が美味しくなりそうで、冬の夜が楽しみです。

A00032


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2016

絵画103 油彩「?」タイトル未定

油彩P12号(606×455mm)
タイトル「 ? 」・・・未定。
絵のイメージは、
北面の山桜に朝日が山越しに差し込みはじめ、ようやく山桜の一部にあたり始めたころ。
暗い北斜面の左上から春の光が届き、左上中程の山桜の先端が輝き始める。
「春が始動しはじめた北斜面」を対面の山の木々越しに切り取ってみました。

相変わらず、油絵を写真撮ると、うまく色味や質感が写りません。
来年4月の、グループ絵画展で本物見に来てくださいね。

※ 来年の絵画展は、4月12日(水)~16日(日)、堂島(北新地)ギャラリー白雲の予定です。
D001003


| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵画102 水彩「柿」 

「柿」(水彩、F6(409×318mm)描いてみました。
元は、庭の柿の実と葉。葉が綺麗に色づいていたので、切取ってみました。
葉が3枚とも色づいた柿色でしたが、他の枝の葉がまだまだ緑だったこともあり、3枚の葉の色を、緑、黄色、柿色と描き分けて見ました。けっこう緑の葉が主張していて、そのお陰で後ろの“柿の実”の存在感が出てきたようです。

※ 来年の絵画展は、4月12日(水)~16日(日)、堂島(北新地)ギャラリー白雲の予定です。
A0007711


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2016

絵画101 油彩「瀬戸内にて」

7月の旅行で行った「香川県立東山魁夷せとうち美術館」の
ラウンジの窓越しに見える静かな海のイメージをバックにして、
絵画教室の6月のモデルさんを描いてみました。
穏やかな海や空と衣服の水色系に対して、部屋の壁を紫基調にしてみました(現実には珍しい色ですが、そこは絵画なら)
靴、ネックレス、唇は”赤”にしてアクセントにしています。
油彩P12号(606×455mm)

PS.
夏休みの宿題完成!と言いたいのですが、油彩の場合は、少し期間をおいて眺めていると、ああでもないこうでもない!と、つい加筆したくなります。もうしばらく保留です。

※ 来年の絵画展は、4月12日(水)~16日(日)、堂島(北新地)ギャラリー白雲の予定です。
S00020111


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2016

「なかま絵画展」終了

「なかま絵画展」閉幕しました。
来て頂いたみなさま、ありがとうございました。
お陰様で、盛況のうちに終わりました。

絵画展ムービーは、近日中に公開させて頂きます。
まずは、御礼まで・・・

写真は、今回出品した7作品
写真にすると雰囲気が出ないのが残念ですが・・・とりあえず
・竹に桜
M000441_2

・あじさい寺
M000451

・深山幽谷
M000461

・ヒマワリ
M000761

・ばら
M000541

・シンビジューム
M000551

・ハイビスカス
M000561

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«絵画100 鉛筆デッサン「人物画」